茨城大学で日本語教育について学びたいみなさんへ

To everyone who wants to learn Japanese language education

メイン写真

よくある質問

Q: 日本語教育プログラムでは何を学びますか?

A

「日本語教育プログラム」では、外国語としての日本語教育を指導するために必要な専門的知識と能力を身につけます。「国語教育」は日本人に日本語を教える分野ですが、「日本語教育」は外国人に「第二言語(外国語)」として日本語を教える分野です。そのため、このプログラムでは「日本語に関する知識」だけでなく外国語教授法、異文化理解、言語学、社会学、心理学、各国の日本語教育事情などの分野を幅広く学びます。

 

Q: 日本語教育プログラムの受講資格のある人は誰でしょうか?

A

人文社会科学部と教育学部の学生は全員受講できます。もちろん、人文社会科学部と教育学部所属の学生であれば留学生も受講できます。

 

Q: 「日本語教育プログラム」の修了条件を教えて下さい。

A

本プログラムを修了に必要な単位数は26単位(必修科目12単位、選択科目14単位)です。詳しくはグローバル教育センターホームページ【開講科目】をご参照ください。

 

Q: このプログラムを修了すると、どんな資格が取れますか?

A

資格は取れません。 プログラムを修了すると「修了証書」が授与されますが、これは本プログラムを修了したことを証明するものです。修了証書によって、本プログラムが法務省による日本語教育機関の告示基準(平成29年8月1日施行)の第1条第1項13号及び「日本語教育機関告示基準解釈指針」に示された「日本語教育機関における教員の要件」(平成29年度4月以降入学者から適用)を満たしていることを示すことができます。 また、現在、国家資格としての日本教員資格を認定するものはありませんが、日本語教員の知識・能力を判定するものとしては、(財)日本国際教育支援協会が実施している「日本語教育能力検定試験」があります。