茨城大学への留学を希望するみなさんへ

To everyone who wishes to study abroad at Ibaraki University

メイン写真

交換留学プログラム

茨城大学では、以下2つの1学期間・1年間の交換留学プログラムを提供しています。

※交換留学プログラムには、茨城大学と学生交流協定のある大学に所属する学生のみが参加できます。

 

パンフレット→Ibaraki University Program for Academic Exchange

プログラムⅠ:日本語・日本文化プログラム

場所

水戸キャンパス

 

時期

前期:4月から8月
後期:9月から2月
1年(前期・後期のどちらからでも始められます)

 

参加条件

茨城大学と学生交流協定のある大学の学生であること
日本語を学習したことがない学生は後期(9月から2月)から始めること
日本語を初級から学習する学生は英語によるコミュニケーション能力があること
日本語を1年以上学習したことのある学生(日本語能力試験N5以上の学生)はどちらの学期からでも始められる)

 

プログラム概要

本プログラムでは、日本語能力を向上させるとともに、日本の文化や社会に対する理解を深めることができます。 学生は集中日本語コースと英語で開講される日本関連科目を履修することができます。 日本語中級以上の学生は日本語で開講される学部の授業も履修することができます。
また、学期中には、国際交流合宿や国際交流パーティー等の様々な文化・教育活動が行われます。
*集中日本語コースの授業は茨城大学として単位を出していませんが、授業時間数、成績、点数を記載した成績証明書を発行します。 所属する大学で単位が認定されるか確認してください。
※特別聴講生は入国管理法により、1週間に7科目(10時間に相当)以上の授業を履修しなければなりません。

プログラムⅡ:通常の交換留学プログラム

場所

水戸キャンパス(人文社会科学部、理学部、教育学部)

日立キャンパス(工学部)

阿見キャンパス(農学部)

 

時期

前期:4月から8月
後期:9月から2月
1年(前期・後期のどちらからでも始められます)

 

参加条件

茨城大学と学生交流協定のある大学の学生であること
学生は、日本語能力試験N2以上の日本語能力があること(学部生)

 

プログラム概要

学生は、茨城大学の学部または大学院に在籍します。
学部で開講されている授業は日本語で行われるため、高度な日本語能力が求められます。ただし、大学院で研究を進めたい場合は、指導教員の許可を得た上で英語で指導を受けることができます。
※特別聴講生は入国管理法により、1週間に7科目(10時間に相当)以上の授業を履修しなければなりません。

日本語・日本文化プログラム

日本語授業

茨城大学は、留学生の日本語能力の向上のために、レベル別の日本語授業(レベル1~5)を提供しています。 学生は到着時にプレースメントテストを受け、適切なレベルに振り分けられます。日本語能力試験N1に合格した学生、または日本語能力試験N1に相当する高い日本語能力を持つ学生は、「学術日本語」(上級)に参加することをお勧めします。 詳細はこちらをご覧ください。

 

日本に関する英語による授業

日本の文化や社会に関する授業は英語で行われているものもあります。 詳細はこちらをご覧ください。

 

イマージョンプログラム

学生は、担当教員から許可を得た後、大学のどの授業も履修することができます。ほとんど全ての授業は日本語で行われていますので、高度な日本語能力が必要となります。

 

活動

大学では、留学生と日本人学生の交流を促す様々な文化交流活動を行っています。


国際交流キャンプ

留学生と日本人学生の交流を促進するために、年1回、1泊2日または日帰りの国際交流キャンプを行っています。


国際交流パーティー

留学生、チューター、留学生教育に関係する教職員、地元の国際交流団体の交流を促進するために、年に1回国際交流パーティーを行っています。


地元団体による文化交流活動

周辺地域の国際交流協会等が、ホームステイやその他様々な交流活動を行っています。

学生支援

複数のチューター制度

留学生は、一人ひとりに個人チューターがつき、個別にサポートを得ることができます。また、国際交流会館(留学生寮)には、会館チューターが滞在し、留学生の生活のサポートを行います。さらに、留学交流室には、交流室チューターがおり、レポートの文法をチェックしたり、会話力向上のためのお手伝いをしたりしてくれます。

 

相談

グローバル教育センターでは、悩みを持つ留学生のためにカウンセリングを行っています。また、各学生には交換留学プログラムに応じて担当教員が割り当てられます。

 

保健管理センター

保健管理センターの医師・カウンセラー・看護師が学生に対して様々な保健サービスを行っています。

 

健康保険

国民健康保険

日本に滞在する留学生は、国民健康保険に加入する必要があります。国民健康保険に加入する手続きは、各都道府県の市役所で行うことができます。登録が完了すると、毎月保険料を支払う必要があります。


学生傷害保険

国民健康保険に加えて、茨城大学留学生は、学生教育研究災害傷害保険に加入する必要があります。 この保険は、通常の学校生活や公式な学校のイベント、またはサークルなどの課外活動における傷害を補償します。

http://www.jees.or.jp/gakkensai/index.htm
http://www.jees.or.jp/gakkensai/opt-baisho.htm


留学保険

上記二つの保険の補償範囲は限定的ですので、日本での留学生活全般を広く補償する留学保険に別途加入することを強くお勧めします。日本の保険会社の保険に加入したいという場合には、ご相談ください。

交換留学プログラムの申請方法

茨城大学と学生交流協定のある大学の学生の場合、所属する大学の留学センター(または同等オフィス)で、茨城大学へ留学する申請方法に関する情報が得られます。

 

申請書は、所属する大学・機関を通して提出する必要があります。 茨城大学は、個々の学生からの応募は受け付けていません。

交換留学プログラムへの応募について

2020年4月-8月/
2020年4月-2021年2月
2020年9月-2021年2月/
2020年9月-2021年8月
推薦締切日 2019年10月7日(月) 2020年2月21日(金)
承諾通知時期 2月中旬から3月下旬ごろ 8月下旬ごろ
資格及び条件

学生交流協定に基づき、短期留学生として本学へ留学することができる者は、次の各号に掲げる要件をすべて満たす者とします。

(1) 所属大学の正規課程に在籍する学部及び大学院生である者

(2) 所属大学における学業成績が優秀で、人格等に優れている者

(3) 本学の学位取得を目的としない者

(4) 専攻分野は問わないが、留学の目的及び計画が明確で、我が国への留学により、効果が期待できる者

(5) 本学に留学期間中にも所属大学に在籍し、留学期間終了後速やかに所属大学に戻り、学業を継続または所属大学を卒業する者

申請書類

協定校からの推薦書
1. (様式1A または 1B)学生交流協定に基づく派遣大学推薦書

 

各候補者の申請書類(各候補者毎に)

2. (様式2)学生交流協定に基づく留学申請書

3. (様式3)学生交流協定に基づく派遣候補者在籍証明書

4. (様式4)日本での学習・研究計画書

5. (様式5)健康診断書 1部

6. 成績証明書

7. パスポートの写し

8. (プログラムⅡ申請者のみ)日本語能力試験スコアの写し(N2以上)

9. 顔写真(3×4cm/1.2×1.5 inch)(JPG/PNG)

・申請人本人のみが撮影されたもの

・縁を除いた部分の寸法が,左記図画面の各寸法を満たしたもの

・無帽で正面を向いたもの

・背景(影を含む)がないもの

・鮮明であるもの

・提出の日前3か月以内に撮影されたもの


10. 日本滞在中の経費を賄うことが出来ることを示すための証明書類。

・合計金額(a+b+c)は、日本円で6万円×滞在月数以上を目安としてください。

・様式A「経費支弁書」に記載する金額は、添付書類の金額と同額か、それ以下にしてください。 また、(様式2)の記載内容と符合するようにしてください。

※出入国管理局の要請により、原本の郵送を依頼することがあります。また、追加で参考書類の提出をお願いする場合があります。

 

a.  経費支弁者が本人以外で、在職の場合:
 (所定様式)様式A 日本滞在中の費用を支払う旨を明記した「経費支弁書」
(添付書類)経費支弁者の年収証明書

b.  経費支弁者が本人以外で、在職していない場合:
 (所定様式)様式A日本滞在中の費用を支払う旨を明記した「経費支弁書」
(添付書類)経費支弁者の預金残高証明書

c.  経費支弁者が本人の場合: 本人の預金残高証明書

注意事項
  • 候補者数は、交流協定で定められた人数以内にしてください。
  • 全ての書類を日本語または英語で作成してください。
    日本語または英語以外の書類には必ず日本語訳または英訳を添付してください。
  • 書類は、全ての項目を、正確に、楷書(ブロック体)で記入してください。手書きよりも、タイプしたものが望ましいです(署名欄を除く)。
  • 記入が完全でない書類、推薦締切日を過ぎた書類は受け付けません。
  • 提出された書類は一切返却しません。
  • 審査の過程で上記以外の資料の提出を求める場合があります。
  • 原則として、応募書類は各大学の担当者がとりまとめ、送付してください。各大学の担当者が認める場合は、正式に被推薦者に決定した応募者本人からの送付も受け付けます(様式1を除く)。
  • 全ての書類は、データをEmailに添付して提出してください。必要に応じてパスワードをかけて送信してください。
    (様式2)は、署名のあるスキャンデータと、エクセルデータの両方を提出してください。
  • 申請書類10については出入国管理局の要請により、原本の郵送を依頼することがあります。また、追加で参考書類の提出をお願いする場合があります。