To everyone who wishes to study abroad at Ibaraki University

メイン写真

留学生アンケート

留学生の一人暮らし

ケム・カツ・デンディ

2018年度後期日本語研修コースレベル4(総合)履修生

調査の目的

 日本での一人暮らしは、嬉しいことや悲しいことなどいろいろあるはずです。そして、それぞれ人によって違う問題を抱えています。私達は日本での一人暮らしにはどのような問題があるのかを知りたいと考えたので、このアンケートを行いました。

回答者数

 52人(女性25人、男性27人)

 

 この結果を見ると、44人の留学生は一人暮らしをしています。友達と一緒に同居する人は7人です。配偶者と一緒に同居している人も1人いました。

1.生活費と学費はどうやって払いますか

 この結果からは、両親から生活費をもらっている人が多いことがわかります。そして、アルバイトをする人と奨学金をもらっている人の人数は大体同じぐらいでした。奨学金をもらっている人の多くは政府の奨学金をもらっており、他の回答者は学校からの奨学金をもらっていました。(この問題は複数回答なので、両親から生活費をもらいながらアルバイトをしている人もいます)

2.どんなアルバイトをしていますか

 アルバイトしていない人は多いです。 アルバイトの種類はいろいろあります。そして、レストランで働いている人が一番多かったです。コンビニと居酒屋の仕事は留学生によく選ばれています。英語の先生や研究助手などのアルバイトもありますが、人数は少ないです。

3.アルバイトで困ったことがありますか。それは何ですか

日本語に関すること

●日本語の問題で、お客様の質問を聞き取れない。
●日本語の会話
●言葉遣い
●日本に来たばかりなので、最初はお客さんの言葉はあまり分からなかったから、ちょっと困っている。

 

給料

●給料が低い
●時給が少ない

 

勤務状況

●残業ばかりです
●出勤が多すぎ
●Hard to find the good one.

 

学業との両立

●勉強しながらアルバイトするのが疲れる
●勉強の時間が少なくなる
●The part time job takes a long time which I can otherwise spend on my study.

 

職場での人間関係

●店長の性格はおかしい

 

客の態度が悪い

●サービス業を務めると、時々客の態度が悪い、特におじさん

 

 アルバイトでいろいろな困ったことがあります。一番多いのは、日本語についての問題です。日本語が話せないし、日本人から難しい言葉がたくさん出てくるからです。二番目は、一部の人は給料が低いと思っていることです。他の理由は店長の性格、出勤時間、残業の問題などです。

4.病気やケガの時、誰と一緒に病院へいきますか

病気やケガの時、多くの人は友達と一緒に病院へ行きます。一人で行く人も多いです。行かない時、自分の国の薬を飲む人が一番多く、52.9%です。35.3%の人は日本の薬局で買います。一人で休む人と我慢する人は2人だけです。

5.仲のいい日本人の友達がいますか

 この質問の結果は私たちの予想と違いました。75%の人は仲がいい日本人の友達がいると答えました。そして日本人と仲が悪い人もけっこういます。例えば「日本人と友達になるのが難しい。日本人の性格があいまいです」と答えた人がいます。そして、「文化が違うから、価値観と興味が異なる」と答えた人もいます。最後は、「自分自身の性格は内気だから、日本人に声をかけることは難しいと思います」と答えた人もいました。

まとめ

 このアンケートの結果を見ると、ほとんどの留学生は一人暮らしをしています。自分の国と日本の生活を比べていろいろな違いがあります。一番違うのは生活費です。日本の生活費はアジアからの留学生にとっては高いようです。生活費を稼ぐために、アルバイトをしている人もいます。しかし、アルバイトで悩むこともたくさんあるようでした。私達は、みんなは勉強しながらアルバイトをして、とても大変だと思いましたが、生活のためにはしなければなりません。
 また、人間関係もかなり違います。アンケートの結果を見ると、文化が違うし、価値観と興味が異なるので、日本人と友情をもっと深くしたいけれども実現が難しいと書いている人もいました。
 そして病気やケガの時に病院へ行かない人が多かったです。私達の予想ではみんなは病気やケガの時、病院へ行く人が多いと思っていました。しかし、調査の結果は私達の予想とは少し違い、驚きました。留学生にとっては日本の医療費は高く、医者と話すことも難しいからかもしれません。