茨城大学で日本語教育について学びたいみなさんへ

To everyone who wants to learn Japanese language education

メイン写真

日本語教育プログラム

本プログラムは、外国語としての日本語を指導するために必要な専門的基礎知識と基礎能力の習得を目的とする。本プログラム修了に必要な単位数は26単位(必修科目12単位、選択科目14単位)である(注1)。

必要単位数を取得した者には、「茨城大学日本語教育プログラム修了証」を交付する。本修了証は、本プログラムの所定の単位を取得し、本プログラムを修了したことを証明するもので、日本語教員資格などを認定するものではないことに注意して欲しい。なお、現在、教育職員免許状のような公的な日本語教員免許制度はない(注2)。

 

(注1)本プログラムの教育課程編成は『日本語教育のための教員養成について』(平成12年3月文化庁の答申)で新たに示された教育内容に準拠する。法務省による日本語教育機関の告示基準(平成29年8月1日施行)の第1条第1項13号及び「日本語教育機関告示基準解釈指針」に示された「日本語教育機関における教員の要件」(平成29年度4月以降入学者から適用)を満たす教育課程となっている。

(注2)日本語教員の知識・能力を判定するものとしては、(財)日本国際教育支援協会(JEES)が実施している「日本語教育能力検定試験」がある。

プログラム履修について

※H29年度入学者から新カリキュラムになりますので注意してください。

受講対象者

(1) 本プログラムを受講できるのは人文社会科学部と教育学部の学生である。

(2) 本プログラムは人文社会科学部サブメジャーとなる。

(3) 本プログラムは学年進行で開講される。

履修科目及び履修基準について

本プログラムは選択科目と必修科目から構成されている。それぞれの履修科目及び履修基準は次のとおりである。

選択科目について

  1. 選択科目は、指定された基盤教育科目及び人文社会科学部・教育学部開講の専門科目から選択すること。
  2. 履修に当たっては、所属学部の履修基準に従い、各授業科目の履修上の注意をよく読んで履修すること。
  3. 選択科目は、領域1「言語、言語と心理、言語と教育」、領域2「言語と社会、社会・文化・地域」の各領域4単位以上含み、14単位以上を履修すること

 

必修科目について

  1. 「思想・文学[日本語を考える]」は(日本語文法)、(日本語の諸相)の計2単位を履修すること。
  2. 「日本語教授法」はⅠ、Ⅱの順で履修すること。
  3. 「日本語教授法演習」「日本語教授法演習(海外)」はいずれか1科目を履修すること。
  4. 「日本語教授法演習」及び「日本語教授法演習(海外)」は3年次後学期又は4年次前学期に受講するが「日本語教授法演習」「日本語教授法演習(海外)」開始前に当該授業以外の所要単位をすべて取得済みであることが履修条件なので注意すること。また、「日本語教授法演習(海外)」は学内の交換留学に応募し、受入校への交換留学派遣候補者として推薦を受けることが履修条件となっている。
  5. 必修科目の「日本語教育概論」、「多文化社会と日本語教育」、「日本語教授法Ⅰ」、「日本語教授法Ⅱ」、「日本語教授法演習」「日本語教授法演習(海外)」は、全学共通科目として開講される。
  6. 「日本語教授法演習」の受講者数は、3年次以上後学期10名程度、4年次前学期10名程度であり、希望者が受入可能数を超えた場合は、必修科目(思想・文学(日本語を考える)〔1年次4Q・2年次1Q〕、日本語教育概論〔2年次前学期〕、多文化社会と日本語教育〔2年次前学期〕、日本語教授法Ⅰ〔2年次後学期〕、日本語教授法Ⅱ〔3年次前学期〕)の成績によって選抜する。選抜の時期は、3年次前学期の成績が出た時点(9月中旬頃)とする。その結果、「日本語教授法演習」を受講できず、本プログラムを修了できないことがあるので注意すること。
  7. 「日本語教授法演習」及び「日本語教授法演習(海外)」以外の必修科目は、必ずしも本プログラム修了を目指さない人文社会科学部・教育学部の学生も履修できる。
  8. 「日本語教授法演習及び「日本語教授法演習(海外)」は履修条件を満たしているかどうか、確認の上、履修申告すること。

 

表1必修科目(12単位)

※基盤: 基盤教育科目  全学: 全学共通科目

 

  授業科目 履修年次 開講学期 単位
基盤 思想・文学「日本語を考える(日本語文法)」 1年次以上 1年4Q 1
基盤 思想・文学「日本語を考える(日本語の諸相)」 2年次以上 2年1Q 1
全学 日本語教育概論 2年次以上 前学期 2
全学 多文化社会と日本語教育 2年次以上 前学期 2
全学 日本語教授法Ⅰ 2年次以上 後学期 2
全学 日本語教授法Ⅱ 3年次以上 前学期 2
全学 日本語教授法演習 または

日本語教授法演習(海外)

3年次以上 後学期
(前学期)
2

 

(注1)「日本語教授法演習」の期間は3週間である。その期間中に茨城大学の日本語クラスでの教壇実習を含む15回(30時間)の授業を行う。詳細は「日本語教授法演習」」履修条件確認時に渡される「日本語教授法演習案内」を参照のこと。

(注2)  「日本語教授法演習(海外)」は大学間交流協定校との協力で行う。渡航前に全学教育機構教員によるガイダンスを受ける。受入協定校で、担当教員の指導のもと、1学期に26時間以上日本語教育に関する学修(授業見学、採点補助、会話パートナー、教材作成補助、教壇実習など)を行う。帰国後レポートを提出し、帰国報告会を行う。履修登録方法等、詳細は履修条件確認時に渡される「日本語教授法演習(海外)案内」を参照のこと。受入協定校はインドネシア教育大学、仁済大学、トゥラキットバンディット大学、ソフィア大学、ウィスコンシン州立大学、アイダホ大学、レンヌ第一大学