海外留学を希望するみなさんへ

Introduction of Global Education Center

留学希望者向けおすすめ授業

英語または英語と日本語のバイリンガルで学ぶ授業です。留学生が参加する授業も多くあります。 授業を履修して、留学に必要な英語力やコミュニケーション能力を向上させましょう。
それぞれの授業の詳しい内容は、シラバスを参照してください。

基盤科目

2023年度前学期(基盤科目)

科目名 担当教員 開講曜日 対象
5学部混合地域PBL IV 胡 安琪
瀬尾 匡輝
青木 香代子
瀬尾 悠希子
前期集中 1年
全学共通

 

2023年度1Q(基盤科目)

科目名 担当教員 開講曜日 対象
思想・文学
Communication and Mindset in Japanese Society A
胡 安琪 木3 2年
全学共通
グローバルスタディーズ
Communication in Global Context A
胡 安琪 金3 2年
全学共通
人間とコミュニケーション
Japanese Pop Culture A
瀬尾 匡輝 金4 2年
全学共通

 

2023年度2Q(基盤科目)

科目名 担当教員 開講曜日 対象
思想・文学
Communication and Mindset in Japanese Society B
胡 安琪 木3 2年
全学共通
グローバルスタディーズ
Communication in Global Context B
胡 安琪 金3 2年
全学共通
人間とコミュニケーション
Japanese Pop Culture B
瀬尾 匡輝 金4 2年
全学共通

 

2023年度後学期3Q(基盤科目)

科目名 担当教員 開講曜日 対象
人間とコミュニケーション
Cross-Cultural Understanding: Japan and America
館 深雪 木3 1年LPS
人間とコミュニケーション
International Exchange
胡 安琪 木3 1年LPS
人間科学
Intercultural Training Methods A
胡 安琪 金4 1年LPS
グローバル スタディーズ
Diversity and Social Issues in Japan A
青木 香代子 月4 1年LPS
グローバル スタディーズ
Intercultural Psychology A
胡 安琪 金3 1年TA
GEP* Studies in Particular Fields 瀬尾 匡輝 火1 2年全学共通
GEP* Studying Abroad 胡 安琪 火1 2年全学共通

※GEP:Global English Program :2年生以上のTOEIC550点相当以上の学生を対象として設定されており、より実践的な英語力を身に付けることができます。

 

2023年度後学期4Q(基盤科目)

科目名 担当教員 開講曜日 対象
人間とコミュニケーション
Cross-Cultural Understanding: Japan and America
館 深雪 木3 1年TA
人間とコミュニケーション
International Exchange
胡 安琪 木2 2年A
人間科学
Intercultural Training Methods B
胡 安琪 金4 1年TA
グローバル スタディーズ
Diversity and Social Issues in Japan B
青木 香代子 月4 1年LPS
グローバル スタディーズ
Intercultural Psychology B
胡 安琪 金3 1年TA
GEP* Studies in Contemporary Japan 瀬尾 匡輝 火1 2年全学共通
GEP* Studying Abroad 胡 安琪 火1 2年全学共通

 

※GEP:Global English Program :2年生以上のTOEIC550点相当以上の学生を対象として設定されており、より実践的な英語力を身に付けることができます。

 

人文社会科学部 開講科目

講義は英語で行われます。

2023年度前学期

科目名 担当教員 開講曜日
Advanced Reading 中山 大輝 木1
Advanced Writing 岡崎 正男 水2
Language and Culture in Japan A モリス・ジェイムズ 月1
Language and Culture in Japan H 谷川 建司 集中

2023年度後学期

科目名 担当教員 開講曜日
Advanced Speaking 岩本 浩樹 水2
Language and Culture in Japan C モリス・ジェイムズ 月1
Language and Culture in Japan G 葉 倩瑋 月4