留学生のみなさんへ

To international students

基盤科目

リベラルアーツ科目
  多文化理解→異文化コミュニケーション(初級外国語→学術日本語)

目的

大学での教育・研究活動に必要な日本語能力を修得する。

 

対象

学部留学生(主に1年生)・特別聴講生

 

履修にあたっての注意

●外国人留学生は「学術日本語」の単位を「初修外国語」の単位に充てることができる。

※初修外国語: 英語以外の外国語

●全学部:前学期(4月~)から、学術日本語を履修できる ⇒ 留学生:「学術日本語」を履修したほうがよい

 

2023年度前学期

授業題目 時間 対象 担当教員
学術日本語Ⅰ(総合) 月4 1年全学部 安龍洙
学術日本語ⅡA(総合) 月4 1年全学部 仙波美弥子
(非常勤)
学術日本語ⅡB
(アカデミックライティング) 
月2 1年人・教・農 瀬尾悠希子
学術日本語ⅡB
(アカデミックライティング) 
月3 1年理・工 仙波美弥子
(非常勤)

2023年度後学期

授業題目 時間 対象 担当教員
学術日本語Ⅰ(応用) 金5 1年全学部 青木香代子
学術日本語ⅡA(応用) 金5 1年全学部 池田庸子
学術日本語ⅡC(口頭表現) 木4 1年全学部 松田勇一
(非常勤)

●プレイスメントテスト:
水準未満→ 学術日本語Ⅰを必ず1単位履修しなければならない。
水準以上→ 学術日本語Ⅰは履修できない。
異なる授業題目であれば同一授業科目を複数履修できる。
●必要単位数を越えて履修した単位は、自由履修の単位となる。 

「異文化コミュニケーション」の履修基準

「学術日本語」を「初修外国語」としてとった場合

学部 学科 必要
単位
履修パターン 履修案内
人文 人間文化 5 学術日本語(4単位)+異文化(1単位)
※学術日本語4単位を履修した留学生は2年次以降自由履 修として他の初修外国語を履修できる。
現代社会

法律経済
3 ・1年次:学術日本語(1単位)+異文化(1単位)
・2年次:異文化(1単位)
・1年次:学術日本語(2単位)+異文化(1単位)
・1年次:学術日本語(2単位) 2年次:異文化(1単位)
・1年次:学術日本語(2単位)+初修入門(1単位)
・1年次:学術日本語(1単位)+初修Ⅰ(2単位)
・1年次:学術日本語(3単位)

※必修3単位を超えて履修した学術日本語、初修外国語は 自由履修の単位になる。
教育



2 ・1年次:学術日本語(1単位)+異文化(1単位)
・1年次:学術日本語(1単位) 2年次:異文化(1単位)
・1年次:異文化(1単位) 2年次:異文化(1単位)
※必修単位を超えて履修した学術日本語、初修外国語は自由履修の単位になる。  
例:1年次:異文化(1単位)+学術日本語(1単位)+学術日本語(自由履修として1~3単位)
2 ・1年次:学術日本語(1単位)+異文化(1単位)
・1年次:学術日本語(1単位) 2~3年次:異文化(1単位)
・1年次:異文化(1単位) 2~3年次:異文化
※必修単位を超えて履修した学術日本語、初修外国語は自由履修の単位になる。
例: 1年次:異文化(1単位)+学術日本語(1単位)+学術日本語(自由履修として1~3単位)