茨城大学から海外へ留学を希望するみなさんへ

To everyone who hopes for studying abroad to foreign countries from Ibaraki University.

メイン写真

危機管理情報

海外に留学・旅行した際、「自分の身は自分で守る」が基本です。大切なことは、日本の基準を世界の基準だと思わないこと。日本の基準・感覚で生活しないことです。また、「自分だけは大丈夫」と安易に考えてはいけないということです。

リスクを回避するための事前準備

1. 留学先の地域に関する情報収集

渡航先国の理解

  • 渡航先国の民族性、文化、宗教、政治経済、習慣を海外旅行雑誌・ガイドブックや各種ウェブサイトでよく調べておく
  • 可能であれば、渡航先国に滞在した先輩等の話を聞き、参考にする

治安

海外旅行の雑誌・ガイドブックや各種ウェブサイトで、渡航先大学のある都市・町の治安について調べる。また、アパート等を借りる場合は、その周辺の治安について調べる。

飲料水・食品衛生等

  • 生水は飲まない。水道水は沸騰させてから飲む
    ※ レストランで出された水であっても、場所によっては注意すること
  • 野菜や卵など日本では生で食べられるものも、火を通してから食べることが望ましい

交通機関

渡航先の住居から大学までの移動手段・交通機関・所要時間等を調べる。

気候

年間を通した気温の変化などを調べる。

医療サービス

  • 渡航先大学にどんな医療サービスがあるか、また予約制かどうか等を調べる
  • 歯の治療は高額になるケースが多い為、歯の治療は渡航前に済ませておく

2. 連絡先一覧表の作成

  • 留学生危機管理サービス(OSSMA)ヘルプライン
  • 留学先現地から最寄りの大使館、総領事館の連絡先
    ※各国の大使館や総領事館の住所・連絡先、さらにホームページは以下のウェブサイトを参照してください。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html
  • 渡航先大学のグローバル教育センターに相当する部署または所属学部の連絡先
  • 茨大所属学部の連絡先
  • 茨大グローバル教育センターの連絡先 http://cge.lae.ibaraki.ac.jp/about/consultation.html
  • 旅行会社の連絡先
  • 渡航先大学の医療サービス・保健センターの連絡先
  • 日本で加入した海外保険の連絡先
  • 渡航先にある日本語対応の病院の連絡先(もし、あれば)
  • 日本の携帯電話会社の連絡先(紛失等の場合に備えて)
  • クレジットカード紛失時の連絡先(必要に応じて)
  • パソコンの海外カスタマーサポートの連絡先(必要に応じて)

3. 医療用語

渡航先の病院でのコミュニケーションに支障をきたさないように、最低限、自分の病気が説明できるように医療用語を単語レベルでいいので、英語または現地の言語で言えるように事前に調べておく。
なお、OSSMAヘルプラインへ連絡をすれば、言語や医療用語等のコミュニケーションにおいてサポートが受けられる。

災害発生時の危機管理

  1. 災害に遭遇した場合は、安否報告を迅速に行う
    家族、在外公館、大学関係者、OSSMAヘルプラインと連絡を取り、現状について速やかに報告する
  2. 在外公館からの情報を入手する
    渡航先で災害が発生した場合は、在外公館からの情報をホームページ等で入手する。(通常は、在留届を提出していれば、在外公館からのメール一斉配信等によって、情報を得ることができます)
  3. 災害発生時は、危険な場所には絶対に近づかない

渡航先での行動についての一般的な注意事項(犯罪に合わないために)

  1. 危険な場所に近づかない
  2. なるべく目立たない格好をする
  3. 深夜の外出は控える
  4. 外出時はなるべく大通りを通る
    ※現地の地理を熟知するまでは、地図を携行する(携帯の google map でも良い)
    緊急時に警察や救急に連絡する場合に、自分の居場所を確認する際に有効
  5. 所持品に対する注意を常に怠らない
  6. ドアの施錠、貴重品の管理は十分に注意する
  7. 大金を持ち歩かない
  8. 個人情報をむやみに他人に教えない

犯罪に遭遇してしまった場合

  1. 自分の身の安全を守ることを最優先する
  2. 無理な抵抗はしない
  3. すぐに警察・大学等に連絡する